設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

VA/VEを実現したい

VA/VEを実現したい

高精度パイプフレームにおけるフレーム設計のポイント②(高剛性化)

パイプフレームは四角形を基本として設計することで高剛性、高精度を実現できますが、フレームサイズが大きくなるにつれて振動や衝撃、荷重の影響を無視することができなくなり、歪みが生じやすくなります。

パイプフレームのサイズが大きくなる場合は、強度確保のためのフレームを内部に追加することで高剛性、高精度を保つことができます。この際も基本的にフレームが四角形の組み合わせとなるように設計することで強度を確保できます。また斜めに交差する筋交いも有効です。

パイプフレームを設計する際は、フレームがなるべく小さなフレームの集合体となるように設計することが高精度、高剛性化につながります。高精度フレームを実現するためには上記例のように単一の大きなフレームではなく、四角形や三角形の集合となるようフレームを設計することが重要です。

お問い合わせ