設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

VA/VEを実現したい

VA/VEを実現したい

高精度フレームパーツにおける板金からパイプへの置換えのポイント②(歪み対策)

板金によってフレームパーツを作る場合、反りが発生しやすく組み立て時に修正等の作業が発生し、工数が増えコストアップの原因になってしまいます。特に高精度フレームを構成する場合、板金部品はこの修正工数が膨大になってしまいます。

パイプからの切り出しによりフレームパーツを作る場合、パイプは引き抜き成形により製造されるため板金と同じような歪みは発生しません。特に高精度フレームを構成する場合は、板金と比較すると現場での調整工数を大幅に抑えることができ、トータルコストダウンを実現できます。

板金による長尺部品は歪みが発生やすく、特に高精度を要求されるフレームの場合は大幅なコストアップにつながってしまいます。板金に代えてパイプ材を中心とした設計に変更することで精度出しを容易に行うことが可能になり、トータルコストダウンにつながります。

お問い合わせ