設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

VA/VEを実現したい

VA/VEを実現したい

高精度フレームパーツにおける板金からパイプへの置換えのポイント③(穴位置精度向上)

板金の高精度フレームにおいては溶接時をはじめとして歪みが起こりやすく、各位置の精度にばらつきが生じやすくなります。特に通常、穴は一枚板の時点で穴あけを行ってから3次元的に組み立てるため、穴あけ時や工事の誤差に加え、組み立ての誤差が加わり、最終工程にて初めて不良が発覚するなど、大きなトラブルに繋がります

高精度フレームにパイプを採用することで穴位置のトラブルを軽減することが可能になります。板金と比較すると溶接時の歪みは生じ難く、またパイプ単体部品に穴加工を施すので、各穴位置の誤差等も板金と比較するとはるかに生じ難くなり、組み立てのコストダウンを実現することができます。

高精度フレームにおいては溶接による歪みをどうするかが重要なポイントです。特にフレームの穴位置等は歪みの影響が最終の組み立て時になって分かるため、修正を行う際も時間の損失が大きくなってしまいます。歪みの影響が大きく出やすい板金からパイプを用いたフレーム設計へと変更することで安定した高精度フレーム製作が可能になり高精度化、コストダウンにつながります。

お問い合わせ