設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

工数削減によるVA/VE実現

パイプ加工におけるVA/VE・コストダウン事例

固定のためにパイプを用いた部品を設計する際に、締結部の板厚が大径のピンになるほど十分なネジ山を作るには足りず、ピンをうまく固定できないトラブルが発生します。特にパイプ部品についてはバーリング加工を行うための金型がパイプ形状に入らず、通常はバーリング形状を行うことができません。

パイプにバーリング加工(フロードリルによる)を施すことで、ネジ山を確保することができます。特にねじピッチが大きい大径のピン等を使用する場合は、バーリング加工を行うことでトラブルを防止することが可能です。

板金加工においてねじ山を確保するためのバーリング加工は、基本的に板金の両側に型を配置して加工する必要がありますが、パイプには型が入らないためバーリング加工が不可能です。この場合でも、バーリング加工に代えて、フロードリルによってバーリング形状を作ることが可能でねじ山を確保することが可能になります。

お問い合わせ