設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

工数削減によるVA/VE実現

高精度パイプフレームにおける接合部の設計のポイント①(溶接工数削減)

通常のパイプフレームを加工する場合、パイプ切断面の端面が平らになります。そのためすべてのパイプ部品は面同士が当たることになるため、固定される点がありません。すべてのパイプ端面について溶接が必要になり、形状歪みや加工コストアップの原因となります。

高精度パイプフレームにおいて、強度上溶接が必要のない部分については、切り掛け形状を設け、溶接レスで固定することが可能です。フレームの中の溶接箇所が減るため、溶接による工数増加、歪みの発生を抑える事ができ、パイプフレームの高精度化、加工コスト・組み立てコスト削減に繋がります。

一般的にパイプを切断すると端面は平面となりますが、端面が平面となっている場合パイプフレームを組んだ際に固定される点がなく、溶接が全箇所に必要になります。高精度パイプフレームを設計する際は、パイプ端面を切り掛け形状とすることで固定することができ、高精度化が実現できます。また強度が不要な箇所は溶接を省略しコストダウンが可能になります。

お問い合わせ