設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

大量に加工品の発注を行いたい

高精度フレームパーツにおける板金からパイプへの置換えのポイント④(R形状部品)

板金によってR形状を作るには、溶接箇所が多くなるため精度が出しにくく、工数が多く掛かりコスト高になってしまいます。さらにフレーム脚部等に用いられる場合は板金部品では剛性が十分でなく、形状に大きな制限が掛かってしまいます。

パイプフレームを採用し、パイプによってR形状を作ることで部品点数を減らし、工数を削減することが可能になります。また剛性についてはパイプ材は板金部品の2~3倍の強さがあり、フレームの脚部等の剛性が必要な部分にも自由な形状で配置することが可能になります。

一般にフレームにおけるR形状は板金部品によって製作されますが、板金では高精度かつ高剛性のR形状フレーム部品を作ることが困難です。このような場合はパイプ部品によってR形状を上図のように作ることで、大幅なコストダウンとフレームの高精度、高剛性を実現することができます。

お問い合わせ