設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

安全性を向上したい

パイプ溶接部における品質向上のポイント①(溶接焦げ防止)


一般的にパイプに限らず溶接を行うと、溶接部に焦げ等が発生してしまうトラブルがあります。溶接焦げのような溶接の失敗箇所は、経年による錆びにつながりやすく食品工場や半導体製造装置などの、パイプに高いクリーン性が求められる箇所には不適となってしまいます。


溶接による焦げ等が不適となる食品工場や半導体製造装置では、パイプ同士を切り掛けによる接合(加えてボルトによる締結を行う場合もあります)を行うことで、溶接を行うことなく高剛性のパイプフレームを構成することが可能になります。また現地での組み立ても可能になるため運搬コストを抑える事も可能になります。


一般的に、食品工場や半導体製造装置など、高いクリーン性が求められる箇所のパイプ部品は溶接の焦げ跡などは不適となってしまいます。パイプを用いた高精度パイプフレームでは、切り掛けとボルトによる接合とすることで、溶接を行うことなく高剛性のパイプフレームを得ることが可能になります

お問い合わせ