設計技術者のVA/VE実現に貢献!!パイプフレーム・構造体加工技術ハンドブック
最適なパイプ加工品選びをトータルサポート!一本ものパイプ加工ナビ

パイプ加工.com 困りごと解決提案

VA/VEを実現したい パイプへの変更によるVA/VE実現 工数削減によるVA/VE実現
パイプ加工品を購入したい 補強用の特注加工品がほしい 特注のパイプ加工品がほしい 大量に加工品の発注を行いたい
高精度を実現したい 平面を作り上げたい 組込精度を高めたい
機能性を付与したい 安全性を向上したい 機密性を向上したい 洗浄性を向上したい

平面を作り上げたい

高精度パイプフレームにおける加工方法選択のポイント①(対角精度向上)

バンドソーによる加工においては、垂直に切断する際、刃物が進入していくにつれて、切断方向に力が加わるため、垂直より外側に金属が逃げていく傾向があります。

そのため、高精度フレームを制作する際には対角、平面度に影響を及ぼし、修正にコストが大きく掛かってしまいます。

高精度フレームを加工する場合は、歪みが生じやすいバンドソー等の加工は避け、レーザー切断を選定することが重要になります。

組み立ての際の修正を大幅に減らすことが可能で、コストが大きく掛かってしまうことを防ぐことができます。

一般的にパイプ加工に用いられるバンドソーは刃物をパイプに当てて加工するため、加工による形状の歪みが発生し、パイプフレームを組み立てた際の修正のコストが大きく掛かってしまいます。高精度パイプフレームの設計の際は、加工時にパイプの歪みが発生しないパイプレーザー加工を指定することで製作コストを抑える事が可能になります。

お問い合わせ